公共の宿

かんぽの宿

 全国に66か所あるが、かつては簡易保険契約者優先の施設だったが、郵政民営化によって簡易保険とは切り離されて、現在は日本郵政株式会社所有の施設であり、だれでも利用できる施設になった。鳩山邦夫元総務相の反対でオリックスへの売却は頓挫したが、法律上は2012年12月までには民間に売却されることになっている。部屋数は休暇村より更に小さく50部屋前後の施設が多い。

http://www.kanponoyado.japanpost.jp

01

02

 写真は恵那の施設のベランダから撮影したものであって豊かな自然の表情が美しい。恵那随一のロケーションにあって、色々な温泉風呂が楽しめる施設である。

1)ローケーション
 立地は純粋な民間施設に比較するとやはり景観の良い所にある。休暇村に比べると、あちらこちらにあるというのが最大の特徴である。関東周辺だと大洗、潮来、塩原、栃木喜連川温泉、草津、磯部、寄居、旭、勝浦、鴨川、青梅、箱根、石和、諏訪、熱海、伊豆高原、修善寺、焼津と多く、会員制リゾートには考えられない立地が多いので、ちょっとしたお出かけ気分に浸れる。

2)部屋
 建設された時期にもよるが、概ね保養所的である。8畳か10畳程度の和室にトイレ・洗面所付きの部屋が主体である。洋室・和洋室は限定的だが、バス付きの場合もある。最近リニューアルした施設では、洋室を多目にしているようだが、部屋に露天風呂を設けた特別室を設けているケースもかなりあって注目しておきたい。現在9施設に部屋に露天風呂がついた特別室があるが、内7施設はリニューアルして、この4月以降に開設したものである。部屋のタイプは予約時に指定することできる。

3)食事
 夕食は、通常時は和食のコース料理のことが多い。レストランは2回転を前提にしないので、真っ当な時間に食事をとることができる。料理は地元の食材を多用して、味はまあま満足できるレベルだと思う。また、一品料理は種類が多く、地元の食堂価格で提供されるので、味が気に入れば満足度は高い。

4)大浴場
 一般的に温泉であることが多く、最近のリニューアルにより、露天風呂を併設していることも多くなった。昼間は外来入浴を実施している場合も多く、風呂の大きさ、脱衣所、ガランの数は宿泊キャパに比べて大きめなようである。それからロビー、レストランを含めた館内全体で、浴衣、スリッパ着用可能である。

5)サービス
 チェックイン3時、チェックアウト10時。原則、バゲッジサービスはなく、荷物は自分で運ぶ。

6)料金
 1泊2食プランが一般的で、9,000円-11,000円程度が標準的な設定である。保養所プロバイダーや旅館再生業の施設に比べちょっと割高である。客層は休暇村に比べ年齢層は若干高いので落ち着いた雰囲気があり、リピーターも多いようである。高齢者向けに夕食の量を抑えた宿泊プランをこの6月から販売している。

 かんぽの宿の従業員はこの施設が民間に売却された場合、雇用継続にそれなりの影響があると感じており、公共の宿のカテゴリーながら、商売っ気があるように思う。よって清潔な部屋、大浴場、食事の質にはかなり気を使っているようである。ここもリゾートクラブの会員使用料金と重なる料金帯である。

8)予約
 予約は6カ月前の月の初日に利用施設に電話して行う。ネットでは3カ月前から可能であるが、これも基本的には空室対策である。

9)かんぽの宿メンバーカード会員
 15歳以上であればかんぽの宿メンバーカード会員の資格がある。入会金、年会費無料で1泊2食で300ポイント、1泊朝食付きで150ポイントが付き、1000ポイントに達すると1000円の利用券がもらえる。半期毎に(昨年までは4半期毎?)に約64ページの会報誌「夢閑歩」が配布され、旅心をくすぐられる。それから会員特典として通常の10時チェックアウトが無料で12時までとなるサービスが提供されているのが嬉しい。かんぽの宿を利用するのであれば、無料なので加入しない手はないと思う。

10)総合評価
 部屋の広さは会員制リゾートクラブに比べて明らかに狭いが、圧倒的に気楽な雰囲気である。セルフサービスが苦でなくて、自然が好きな人には向く施設でリピーターになると思われる。一方、豪華な施設でチヤホヤされることが好きな人は二度と足を向けないであろう。

11)リゾート会員フリークへの提案
 休暇村の項で記したように、3連休等の連泊の機会に一泊目に利用し、2泊目は慣れたリゾート会員施設を利用したらどうだろうか。関東周辺であれば以下のような組み合わせが考えられる。

大洗、潮来        ⇒ 勝浦
塩原、栃木喜連川温泉 ⇒ 那須、鬼怒川、
草津、磯部、寄居    ⇒ 蓼科、軽井沢
旭、勝浦、鴨川      ⇒ 勝浦
青梅、石和、諏訪    ⇒ 蓼科、山中湖
箱根、焼津        ⇒ 箱根、山中湖
熱海、伊豆高原、修善寺⇒ 伊豆、箱根

 まとめると、かんぽの宿の特徴は、気軽にあちらこちらの温泉を主体とする施設を、会員権リゾートとほば同一の価格帯で安心して宿泊することが6カ月前に確定できる点にある。その意味で会員権リゾートの補完になりうる。

 公共の宿には他にも、ハイツ&いこいの村、KKR 等の施設に優れたものがある。但し、前者はグループホテルというより緩やかな連合であり、個々の施設の個性が強いこと、後者は国家公務員が使わない枠を利用するという点がどうしてもシャクなので、今回は紹介しない。但し、私も、八ヶ岳風か(ハイツ&いこいの村)やKKR熱海等、個別に気に入っている施設があることを付け加えておきたい。

休暇村について

 全国36か所にあり、国立・国定公園の中に建設された宿泊施設である。環境省関連の財団法人休暇村協会が運営している。部屋数は70程度の所が多い。

1_2 

2

1)ローケーション
 国立・国定公園内に広大な敷地を有しており、民間には決して真似のできない立地である。敷地内に観光スポットがある場合(この場合、外来者も当然に利用できる)も多い。一方、箱根、軽井沢、有馬というリゾートクラブが集結する観光地にはなくて、日光でなくて湯ノ湖、山中湖ではなくて身延線沿いの田貫湖という具合である。

2)部屋
 作られた時期にもよるが、概ね保養所的である。8畳か10畳程度の和室にトイレ・洗面所付いた部屋が主体、洋室・和洋室は限定的だが、バス付きの場合もある。建てられた時期が遅かったり、リニューアルした施設では、洋室を多目にしているようだ。一般的には、部屋のタイプは予約時に指定することできる。

3)食事
 素泊りも可能のようだが、近くには飲食施設がないロケーションなので、ほとんどの人が施設で食事をとるようである。夕食は、通常時は和食の会席コースだが、繁忙期はバイキングのみの場合が多い。レストランは2回転を前提にしないので、繁忙期にはバイキングしか準備できないのである。逆にバイキングに特化しているので、厨房なりオープンキッチンで調理された真っ当なものがタイミング良く置き換わるので規模のメリットがでている。バイキング、コースとも料理は地元の食材を多用して、味はなかなか満足できるレベルだと思う。

 会員制リゾートは広範な顧客の要求を満たすため、和洋中、しかもそれぞれ様々のコースを用意しているところもあるが、そのために莫大なリソースを必要とする点を考えると休暇村のシンプルな食事のコスト競争力は高いと思う。ただ、スタッフの質と数に限界があるためか、コースの場合、料理の出すタイミングやサービスの質は改善すべき点もある。

 また、一品料理はいわゆるレストラン価格ではなく、地元の食堂価格で、満足度が高い。ただ、生ビールがハートランドであったりして、割高であるのが難点である。朝食はバイキングが主体となっている。

4)大浴場
 一般的に温泉であることが多く、露天風呂を併設しているケースが多い。昼間は外来入浴を実施している場合も多く、風呂の大きさ、脱衣所、ガランの数は宿泊キャパに比べて大きめなようである。それからロビー、レストランを含めた館内全体で、浴衣、スリッパ着用可能である。

5)サービス
 チェックイン3時、チェックアウト10時。原則として、バゲッジサービスはなく、荷物は自分で運ぶ。例外的だと思うが、日光湯元ではバゲッジサービスがあった。スタッフは気さくで素朴なホスピタリティはあるが、宿泊者をクスグるようなサービスは期待できない。

6)イベント
 夜のアトラクションや朝の散歩会等、毎日イベントを開催している。参加料は無料か実費程度で楽しめる。

7)料金
 1泊2食プランが一般的で、11,000円~13,000円程度が標準である。多分公共の宿の中では高い方の極にあり、低価格志向の保養所プロバイダーや旅館再生業の施設に比べ明らかに割高である。よって、客層は非常にノーマルで、穏やかな家族連れやリピーターも多い。スノビッシュな人は公共の宿には目もくれないし、安さだけを追求する人も来ないため、顧客層は非常に常識的で法人会員を受け入れている会員制リゾートよりむしろよいかもしれない。

 施設側は客がそれなりの値段を払うことに付加価値を求めていることを理解しているので、清潔な部屋、大浴場、食事の質にはかなり気を使っているようである。リゾートクラブの会員使用料金と重なる料金帯であり、初期投資分の回収が必要ないという点でも類似している。

8)予約
 予約は6カ月前から利用施設に電話して行う。ネットでは3カ月前から可能であるが、繁忙日は既に一杯だったり、利用できる部屋が限定されていたりして、施設側からの空室対策の意味合いが強いようである。本能的に未来をデザインすることを志向する会員権フリークにとって、6か月前に確定できることは最大の魅力であって、一般ユーザーよりうまく利用できる可能性を秘めていると思っている。

9)Qカード会員
 50歳以上であればQカード会員入会の資格がある。入会金、年会費無料で宿での支払いの5%のポイントがつき、次回以降利用可能となる。4半期毎に約60ページの会報誌{倶楽部Q」が配布され、旅心をくすぐられる。休暇村が肌に合うと感じたら、50歳以上であれば入会しない手はない。

10)キッズクラブ
 小学生以下であれば、入会可能である。2年間に3泊すれば、1泊2食の無料宿泊券がもらえるシステム。それ以外に施設によってはプレゼントや特典もある。

11) 利用補助
 公共の宿なので、会社員ならば、会社の福利厚生制度、健康保険組合から利用補助がある場合がある。また、ねりまファミリーパックのような居住地の共済制度に加入しているならば、その補助を受け取ることが可能である。私の場合、一番条件の良いねりまファミリーパックを使い、家族3人なので、特別期間(2泊まで)は8,000円、一般期間(3泊まで)は6,000円の割引を活用している。

12)総合評価
 部屋の広さは会員制リゾートクラブに比べて明らかに狭いが、自然に包まれている感覚や気楽さは他では圧倒的にまさる。気楽さやセルフサービスが苦でなくて、自然が大好きな人には向く施設でリピーターになるに違いない。一方、豪華な施設でチヤホヤされることが好きな人は二度と足を向けないであろう。

13)リゾート会員フリークへの提案
 前回記したように、連休等の転泊の機会に一泊目に利用し、2泊目は慣れたリゾート会員施設を利用したらどうだろうか。1泊目はいつもと違った豊富な自然と気楽さに新鮮さを感じ、2泊目は慣れた施設でまったり過ごすことができる。関東周辺であれば以下のような組み合わせが考えられる。
那須    ⇒ 那須
日光湯元 ⇒ 鬼怒川、那須
鹿沢高原 ⇒ 蓼科、軽井沢
妙高     ⇒ 蓼科、軽井沢、安曇野
乗鞍高原 ⇒ 蓼科、軽井沢、安曇野
館山     ⇒ 勝浦
南伊豆   ⇒ 伊豆、箱根
富士     ⇒ 山中湖、箱根

 まとめると、休暇村の特徴は、豊富な自然と良い客層の中で、会員権リゾートとほば同一の価格帯で安心して宿泊することができて、しかもそれが6カ月前に確定できる点にある。その意味で会員権リゾートの補完になりうる施設として紹介した次第である。次回はかんぽの宿について触れたい。

リゾート会員権フリークにとっての公共の宿

 私は主に会員制リゾートを利用してリゾートライフを楽しんでいるが、時折、以下のような不満を感じ、時にはスパイスとして他の施設を利用したくなる。
①メジャーなリゾートエリアにしかない
②休前日では夕食を6時から7時位のスタートで食べることができない
③浴衣、スリッパの気楽な姿で館内を移動できない

 その場合、一般の旅館・ホテルを選択すればいいことではあるが、リゾート会員権フリークの一人としては、お得に常連風に施設を利用できればそれに越したことはない。

2010_08070077

 今回はそうした施設として公共の宿を紹介したい。公共の宿は、誰でも安全にリーズナブルな価格で泊まることができる施設である。過去の潤沢な予算で建設されたため、敷地は広くて立派な施設が多い。ロケーションは民間には太刀打ちできない場合もある。部屋は豪華に作られはいないが、清潔で一定の快適さは確保されている。かつては、従業員は公務員であったこともあり、サービスは雑で食事もまずく、「安かろう悪かろう」という時代があった。しかしながら、近年は独立採算性を確保するため、運営を民間に委託したりして相当に改善を進めてきている。

 最近の動向としては次の日経トレンディの記事が詳しいので紹介しておきたい。

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/special/20090729/1027988

 また、一口に公共の宿といっても、過去公共の宿だった所をふくめて沢山の種類がある。公共の宿の全体像は、以下のサイトが便利ので参照しててほしい。

http://kitagawa.tv/pyado

 こうした多様の公共の宿の中で、リゾート会員フリークへのおすすめは休暇村とかんぽの宿である。他の施設も個別に見ていく魅力的な宿も多く、私がリピートしている施設もあるが、個体毎の差が大きく、カテゴリー毎に一括りにできないからである。KKRは魅力的な施設が多いが、国家公務員共済施設なのでどうしても第一優先権は国家公務員にあるので、対象から外した。また、厚生年金、国民年金関連の施設もいいものがあったが、昨年度までに民間や地方自治体に譲渡されたり、廃止されてしまった。

 休暇村は財団法人休暇村協会が、かんぽの宿は日本郵政株式会社が運営主体であって、それぞれ統一されたコンセプトがある。予約は6ヶ月前(休暇村)や6ヶ月前の月の初日(かんぽの宿)から可能である。家族との未来へのデザインを志向するフリークにとっては便利な予約タイミングといえよう。

 更に、ホームページはあたかも会員制リゾートクラブのそれを見ているようで、会員権ホルダーには親和性があると思うからである。それぞれ、ネットで登録すると、月1回メールが送られきて、各施設のイベント等と共に、メール会員限定のお得プランを紹介してくれる。更に休暇村は50歳以上であればQカード会員、かんぽの宿は15歳以上あればかんぽの宿メンバーズカード会員があり、ポイント制の会員制システムが存在する。もちろん入会金・年会費は不要であるが。

 3連休時等にこうした公共の宿に1泊してもう1泊は慣れた会員制リゾートに泊まるのが最もお勧めであり、会員権の権利の節約と予約の早期確定に役立つと考えている。1泊目はいつもと違った立地で豊富な自然と気楽さに新鮮さを感じて、2泊目は慣れた施設でまったり過ごすことができる。

 また、6か月前の予約時に2泊分確保しておいて、ハーヴェストの会員であれば2ヶ月前の予約の結果で確定し、エクシブの会員であれば、1ヶ月前のフローティング予約の結果で確定すればリゾートプランの自由度が増してくる。この場合、もし会員制リゾートが予約できなかったとすると、同一の公共の宿2泊となってしまうが、それがいやであれば2泊の予約をそれぞれ別の施設しておけば良い。私は今夏、休暇村乗鞍高原を2泊利用したが、この施設の立地を最大限に利用して散歩・ハイキングを楽しめたことに加えて、夕食はバイキングしか選択の余地がなかったが、80%以上のものは日替わりになっていて、2泊目も意外においしく戴くことができたことを報告しておきたい。

 次回は具体的に休暇村に触れてみたい。

会員制リゾートクラブを補完するリゾート施設の考察

 私はリゾートライフを会員制リゾートクラブを中心に楽しんでいる。それは、購入している以上、そのクラブに愛着があるのはもちろんだが、①既に資本投下しているため、宿泊費が安くて済む(割安感)  ②施設もそのクラブに期待する一定の水準をクリアしているため、大きなハズレがなく安心して利用できる(安心感) ③予約システムに馴染んでいるため、変更・キャンセルを含めてストレスなく予約ができて計画が立てやすい(簡便性) ことがよく利用する理由である。

10042701

 各クラブには良いところも沢山あるが、あえて一般論としての不満をいえば、①ハーヴェストは食事のお得感に欠け、この価格でここまでやってくれるのかと客が恐縮する程のサービスは決して期待できないこと ②エクシブは、ロケーションがイマイチで敷地を出てしまうとちょっと近場を散策してみようとする気にはならないこと ③泉郷は設備のメインテナンスが不十分で、同伴者にあまり手入れがされていない部分が見えないように気を使うこと ④グランは施設設計が旧式すぎて、リゾートにきているというより祖母の家に泊まっているみたい ということだ。

 それを解消するために、複数のクラブを組み合わせて利用しているが、もう少し拡張して考えてみるのも楽しい。会員制リゾートクラブの補完として即座に目に浮かぶのは、A)公共の宿と B)クラブオフ、ベネフィットステーション、ライフサポートクラブ等の保養所プロバイダー C)伊藤園、大江戸温泉物語、愉快リゾート等の単一料金制の旅館再生事業態の施設 である。

クラブオフ

http://www.relo.jp/news/pdf/2005_0622.pdf

ベネフィットステーション

https://bs.benefit-one.co.jp/BE-ONE/official/to_shareholders/stock_info/stock_benefit/index.html

ライフサポート倶楽部

http://www.resol.jp/guide/

 先週のTV東京の土曜スペシャルではCの旅館再生事業態の施設を紹介していたが、魅力的な価格ではあるものの、和室だと部屋に入ると既にふとんがひいてあるのにはびっくりした。コストを下げるためにそうしているのだろうが、部屋で寛げないのでないだろうか。②安心感の観点で難があるように感じている。

 Bの保養所プロバイダーについては色々な提携施設があって面白いので、株主優待制度を利用して無料会員になるためと利殖を兼ねて、保養所プロバイダー運営会社の株式を仕込んでおいた。興味がある方のために株主優待制度のWebアドレスを記載しておきます。

 私の場合、現時点ではハイリターンで回っていますが、いつ暴落するかもしれないので実際に株式を購入する場合は自己責任でお願い致します。ただ、予約はWebで行うものの、施設によって予約時期がバラバラ、予約の可否が即座にわからない場合もあるので、③簡便性の観点での評価は高くない。

 よって、最後に残った選択肢の公共の宿こそが、私が会員制リゾート以外によく利用する施設である。私の場合、公共の宿を利用する際、会社、健保、住所地を所轄する福利厚生制度(練馬区の場合、ねりまファミリーパック)のそれぞれから家族分を含めて補助金(年間の宿泊回数に制限あり、複数の制度からの重複支給はダメ)があるので、その点からのインセンティブも重要な要素である。

 こうした公共の宿での宿泊代は保養所プロバイダーやホテル旅館再生業態に比べ割高になっているため、逆説的だが、客層は良好になっているようだ。また、公共事業の見直しにより、従業員の雇用も安泰ではなくなってきているため、かつてのお役所的なサービスから一転して、顧客を囲い込もうとしてサービスのレベルを上げてきている施設も多いので、機会があったら一度宿泊してみることをお勧めしたい。

 次回から休暇村、いこいの村、かんぽの宿等の公共の宿を紹介することにしたい。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ