日記・コラム・つぶやき

石垣いちごとハーヴェストクラブ静波海岸

 4月の週末に、久能山の石垣いちご狩りと海を眺めに東急ハーヴェストの静波海岸に行き、都市近郊以外の高速道路が最大1,000円というメリットを享受してきた。ただ、1,000円区間を最大限享受するため、高速道路での乗り降りを極力避けようとする自分の姿がみえてきた。途中で高速を降りて乗り直しても、以前に比べればずっと安いのではあるが、大都市近郊以外は片道1,000円で済ませないと損だという感覚である。

 行きは静岡市内のイタリア料理店、カンティネッタ・アドルノでサラダ、ピザ、パスタ&リゾットで昼食を取り、デザートは久能山東照寺の山門近くの山内屋でいちご狩りとする。こちらの石垣いちごは品種改良で粒が大きく、大変甘い。5月の連休過ぎ位までの営業のようで、2、3月のベストということだが、とてもおいしく一人で2パック位は平らげてしまった。

_1

 途中、広野海浜公園で海を見たり、沈没船をイメージした遊具等で、息子を遊ばせてから、本日のホテル、ハーヴェスト静波海岸に向う。ロビーでチェックインしてから、長い廊下をひたすら歩く。まず、ラケットボールコート2面(手前の1面には卓球台が3台設置)、一般客用のホテルSwing Beach 静波海岸を経てハーヴェスト棟に入る。手前に温水プールがあって、図書室の先にようやくエレベーターがあった。最上階の3階の和洋室がアサインされたが、防砂林により海の眺めは妨げられるが、波音と時折感ずる潮風が海に来たことを実感させてくれる。

 2階にある、大浴場で汗を流してから、和洋折衷コース、静波(税込6,825円)を頂きにロビー向かいのレストランに行った。小海老のサラダ仕立て、駿河湾産の刺身や解禁になったばかりの桜海老のかき揚げは冷えたロゼのスパークリングワインに合って、大変おいしかった。

_1_2

 夕食後、息子が卓球をしたいというので、何十年振りかでラケットを持つことにした。我家の卓球はすぐ途切れてしまうが、隣のテーブルの家族のうまいこと、とりわけ、おじいちゃんの強さには感動ものだった。そういえば、子供の頃、連れて行かれた観光地の旅館(ホテル?)には、よく卓球台がおいてあったものである。たまに行く、ラフォーレ倶楽部には卓球台が備わっている施設が多いが、利用する年齢層が別段、高いわけでもないのが不思議なところである。

 この、静波海岸の最大の特徴はスポーツ設備である。道の向うが浜辺というロケーションで屋外プール二つに室内プールが備わる。屋外にはゴーセンカップ(女子)の会場になるオムニコート6面とパターゴルフがある。室内には、ラケットボールと卓球ができる。スポーツでいい汗をかいて、大浴場で汗を流して、ビールをおいしく飲むという健康な過ごし方が、開放的な空間を持つこの施設に相応しいと思う。

 ライトアップされた、テニスコートと屋外プールが美しい。

_2

 翌日は、焼津で新鮮な魚介類を買って帰ろうと思っていたが、息子がまた卓球をしたがり、出発が昼近くになってしまったため、日本平SCで桜海老と生シラスをお土産にして、東名が混まないうちに帰京した。

はじめまして

 普段の生活や旅に行った時に、ちょっと感じたことを書き留めるために、本日、当プログを開設することにしました。

 まずは自分に乾杯

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ