« 生命の森リゾートトリニティ書斎 | トップページ | 連休時期の予約について »

ザグランリゾートエレガンテ伊豆の食事

 先の連休に、ザグランリゾートエレガンテ伊豆に2泊した。最近、このリゾートクラブでは食事を複数のオプションから選択できるようになって、最初の日は夕食を天麩羅会席にして1泊2食で8,400円、2泊目は通常の会席(浄蓮)に2,100円追加して、天城会席(同10,500円)とした。この価格はオーナーとサブオーナー(我家の場合は妻)のみに適用され、同伴者は3,150円増しとなる。尚、10歳までの小学生は6,300円、幼児は3,150円である。

 このオーナーとサブオーナーのみを優遇することもあり、グランリゾートの施設は会員以外の利用が少ない。そのため、予約が取りやすく、連休でも満室になることは少ない。1日目の天麩羅会席がなかなか良かったので、2日目は食事の写真を撮ることにした。

蜜柑ワインと前菜の六品盛り

01 02

鮪揚げつみれ梅風味

03_2

地魚五種盛込み

04

鰆昆布〆と筍のカルパッチョ

05

魚介和風ブイヤベース(伊勢海老、金目鯛、大蛤)

51

牛肉の朴葉焼き

06

湯葉茶巾

07

百合根海老粉饅頭

08

香の物 (富山産コシヒカリのご飯がつきます)

09

白子真蒸、蓮麩、湯葉の赤だし汁

10

和風デザート2種

12

 ボリューム・味とも十分に満足することができた。特に伊勢海老のブイヤベースは最高であり、また食べたいと思っている。お造りの鮑と伊勢海老を別にすれば、高級食材ではなく、旬の食材をうまく調理して提供してくれる。それでも、これにお膳出しの和朝食がついて、宿泊込みで10,500円とは信じられない価格である。連休でこんなお得な価格設定なのに満室にはならず、4階(8室)は完璧に消灯していたのは驚きである。 

 グランリゾートの和室には原則、部屋風呂がない。一方、洋室は風呂付きだが、2人部屋でエクストラベッドは用意されていない。小学1年の息子は熱い温泉が苦手なので、冬に宿泊するときには、もしものことを考え、部屋風呂付きを選択することにしている。

 伊豆の施設には、和洋室はあるが、特別室で1泊10,000円かかるので、家族3人でコネクティングルームとなっている洋室と和室(10畳)の2室を利用した。これでも追加料金なしである。私は伊豆のオーナーなので、毎年5枚送付される指定宿泊券(所有するホテルと12施設を1枚1泊で特別期間以外で利用できる)を利用して、オーナーカードと併用して2カ月前の予約開始時に2部屋抑えておいたものだ。

 今回の宿泊で、最大の不満は朝食に洋食を選べないこと位であろうか。温泉は15人位は十分入れそうな露天風呂をほぼ一人占めできるのも嬉しい。

« 生命の森リゾートトリニティ書斎 | トップページ | 連休時期の予約について »

リゾートクラブ」カテゴリの記事

ザグランリゾート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ザグランリゾートエレガンテ伊豆の食事:

« 生命の森リゾートトリニティ書斎 | トップページ | 連休時期の予約について »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ