« 土曜日午後からのリゾートプラン | トップページ | リゾート会員権フリークにとっての公共の宿 »

泉郷のウェルカムサービス

 ドリンク券は別にして、私が初めてセラヴィリゾート泉郷施設から受けたウェルカムフルーツ(ドリンク?)サービスである。

2010_07270094

 上の2つは大人用で上段にカットフルーツ、下にココナッツミルクがあって、食べる際にカットフルーツをココナッツミルクに入れていただくのである。下の一つは子供向けで予め混ぜ合わさせていた。部屋の冷蔵庫で冷やされているので、お部屋で景色を眺めながらまったり味合うことができる本格的なウェルカムサービスである。正直に言って、おいしいかった。そしてこれが1,000円なのかと思った。

 素材としては高いと思うが、部屋から遠くに富士山を眺めながら食べると、まあいいかという気になった。

2010_07270095

 場所は清里高原ホテルである。この4月にオアシスクラブ発足に伴い、泉郷は施設のカテゴリーをエコノミー、カジュアル、コンファタブル、ラグジュアリーの4段階に分けたが、清里高原ホテルはホテルアルティア鳥羽と並んでラグジュアリーの冠をつけられた。これにより、通常のコンファタブルクラスのアンビエント蓼科等に比べて素泊まりでも1食2色付プランでも大人は一泊2,000円高く設定された。休前日だと素泊まりで一人6,800円(平日は5,800円)だから、二人だと13,600円とスタンダードルームとしてはリゾートクラブ屈指の高額な料金になってしまった。

 一方、ネットで法人用の福利厚生向けでは、清里高原ホテルは素泊まりが5,775円(休前日・平日とも同一料金)なので、なぜ個人会員の価格の方が約1,000円高いのか、すごく疑問であった。このサービスは会員向けに用意したと書かれたカードが添えられていたので、おそらく法人利用の場合には提供されないのでないかという前提で、この1,000円の価格差を理解した。必ずしも納得はしていませんが(泣)。

« 土曜日午後からのリゾートプラン | トップページ | リゾート会員権フリークにとっての公共の宿 »

セラヴィリゾート泉郷」カテゴリの記事

リゾートクラブ」カテゴリの記事

コメント

こんなサービスがあると嬉しいですね。これでちょっと高くてもまあいいかって思ってしまいますね。金額的なものじゃなくて、ちょっとした心使いで宿泊した印象が変わってきます。
私はメンバーではないので清里高原ホテルの一般料金は高額すぎてまだ宿泊したことがありません。こんなところが素敵だったとか美味しかったから是非また行きたいなんてコメントが書かれてあったら、ぜひ泊まってみたいって思うのでしょうが・・・ 
ウエルカムデザート以外にはいかがでしたか?

お盆も過ぎてホテルはぐっと割引になりますね。どこに出かけようかっていろいろ眺めて楽しんでいます。

ACAさん、コメントありがとうございます。
泉郷には不満をたらたらと書いている私ですが、清里高原ホテルは大好きなホテルです。好きな理由は以下の3つです。

①眺望がいいいこと。部屋からは南アルプスの山々、うまくすると富士山(上の写真でも中央やや左に見えるのが、茅ヶ岳でその右にうっすら富士山が見えています)がみえます。ホテルの前のあじさい池の向こうからは八ヶ岳がせまってきます。

②天文台があること。夜8時から、観測会が開かれていて、春秋になって防寒服を羽織って、夜空を観察するのは楽しいですよ。

③洋食がおいしいこと。私の印象では、泉郷は一般的には洋食を選択するのがベターだと思っています。洋食会場のル・プラトーは天井が高くて、窓際の席からの眺めがいいのです。窓際の席を個人会員には優先的にしているのか、子供がいるので隔離しているか不明ですが、いつも夕食は窓際の席でした。食事はスタンダードなものですが、地元のお野菜をふんだんに使われています。パンもおいしくて、朝食には一人前4個もついてきますが、さすが食べきれないので残るので、ドーギーバックを用意してくれます。

今回は、海の日の連休に行きましたので、前泊をホテル八ヶ岳風かにして八ヶ岳をゆっくりたのしんできました。

泉郷のなかで、この清里と蓼科、そして温泉が最高でスキー場直結の猪苗代がお気に入りです。我が家は3人なので、年間2、3泊すれば、年会費の31,500円は一般料金に比較すれば回収可能だと考えています。会社更生中の会社なので、先行投資の部分は限りなく無価値になってしまったので、このランニングコストでペイするのかということと6カ月前から予約ができる点でオアシスクラブの会員を継続しています。

 私も、7月下旬、清里フィールドバレーを見に清里行ってきましたよ。確かに同じウェルカムフルーツが用意されていました。
宿から送迎もして頂きました。
2人で行ったので6800円+朝食代でした。夕食はROCKで食べました。問題は、ふらりと1人でスキーに行けなくなってしまったことです。夕食必須の無料宿泊券を使うしかないですかね。清里、鳥羽は一人旅お断りと言われているようなものなので、シーズンオフは、宿泊半額券を配布してもらいたいです。

雄太郎さん いらっしゃいませ。

確かに清里は会員制リゾートとして気軽に利用できる施設ではなくなりましたね。ただ、ネットでの一般向け価格より2食プランだと7,000円位安くなるようなので、お気に入りのホテルの一つとしてたまに訪れるという形での利用になりそうです。

オフピークは一般客は少なくなるのだから、是非会員にサービスして、切り捨てられた保証金への償いを考えてほしいですね。

これからも色々と書き込んでください。楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泉郷のウェルカムサービス:

« 土曜日午後からのリゾートプラン | トップページ | リゾート会員権フリークにとっての公共の宿 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ