« セラヴィリゾート泉郷会員のダイヤモンドソサエティ利用 | トップページ | VIALA箱根翡翠のルームサービス »

VIALA箱根翡翠のスイートルーム2

 先の連休後半の日曜日に渋滞していた東名高速を抜け、長安寺で紅葉狩りに寄り道をして、東急ハーヴェスト箱根翡翠に向かった。

Photo_2

 今回はスイート2という部屋で、初めて泊まる翡翠でのスイートルームである。ルームチャージは27,300円であるが、中庭に面していて、翡翠の施設の中では一番、対面の甲子園の建物に近い部屋である。106㎡の広さであるが、大きなリビングと大き目の2ベッドの寝室でなかなか快適に過ごすことができた。リビングはソファーセットの他に、半分、ベランダ側にはみ出してデイベッド、小さめのダイニングテーブルと椅子二つが置かれていた。

__3

_2

__4

 寝室にも大型テレビはあって、ベッドはとても寝心地がいいものである。

__7

 露天風呂は中庭側にあるのだが、細かい竹のすだれで目隠しをしている。また、広さはデラックスルームの露天風呂の2、3倍はありそうなもので、好みの温度に保つことができる。滞在中、息子と何度も利用して、温泉三昧を楽しんだ。

__9

__10

 またベランダはスイート1ほどではないがワイドスパンで、甲子園の部屋からはお互い丸見えではあるが、日中は金時山がよくみえるし、夜になると、レストランの照明やライトアップされた中庭、池が美しい。

_

 今回は食事は甲子園の四季彩で夕食は洋食のコース、朝食はバイキングをとった。洋食のコースは池側ではなく、道路側の部屋で供されるため、眺望は望めないが、解禁となったボジョレと合わせたが、味、ボリュームとも満足であった。

 翌朝11時に翡翠ラウンジでチェックアウトしてから、季節営業のため、休業間近の湿性花園を覗いてから、前から気になっていた星の王子さまミュージアムの前にある花菜で昼食をとった。私はシラスご飯、妻はカレーうどん、息子はオムライスを食べ、大いに満足した。メニューから夕食にも十分対応可能だと判断できたので、今後の外食候補の一つに加えることになった。

« セラヴィリゾート泉郷会員のダイヤモンドソサエティ利用 | トップページ | VIALA箱根翡翠のルームサービス »

旅行・地域」カテゴリの記事

リゾート」カテゴリの記事

東急ハーヴェストクラブ」カテゴリの記事

リゾートクラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VIALA箱根翡翠のスイートルーム2:

« セラヴィリゾート泉郷会員のダイヤモンドソサエティ利用 | トップページ | VIALA箱根翡翠のルームサービス »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ