« セラヴィリゾート泉郷の新スポンサー | トップページ | セラヴィリゾート泉郷会員のダイヤモンドソサエティ利用 »

ルームサービス

 11月中旬に仕事でシンガポールに滞在した。シンガポールには毎年2、3回は行っているので、海外に発つという高揚感はなく、7時間も窮屈な思いをして行くので面倒だなというのが率直な感想である。ホテルはシンガポールにある兄弟会社が予約してくれるのだが、従来はプリファレンス・ホテルとしてシャングリ・ラ(満室の場合、系列のトレダーズホテル)だったのだが、シンガポールでの宿泊料金の高騰と経費削減圧力のため、今回は、目抜通りのオーチャードにほど近い所にある、割安なホテルに宿泊することになった。

_1

_2

_3

 部屋は、一人で泊まるには広過ぎるリビングとダブルベッドとシングルベッドの置かれた寝室の2ルームである。高価な調度品は全くないが、使いやすい机、意外と座り心地のよいソファーと適度な堅さをもったベッドがあり、3泊するには十分過ぎる部屋である。ただ、窓からの景色はビルばかりでつまらないし、プールやジムがあるが使う気にならない。レストランもカジュアルなものが一つあるだけで、ルームサービスは必要最小限しかない。

 一方、従来、シャングリ・ラでアサインされていた部屋は主としてタワーウィングのデラックスルーム(多分、シャングリ・ラで一番安い部屋)であるキングサイズベッドのワンルームであり、広さは40㎡弱である。しかし、レストランは4つあり、ラウンジやバーもある。アーチ形のバルコニー(室内)からはライトアップされたプールも眺められる。

 一番重宝なのは、一人でレストランや外食に行くのが面倒な時に、豊富なルームサービスメニューから好みのものをオーダーできる点である。テナントになだマンがあるため、お寿司も注文できるが、私の好みは、サティ、シシカバブ等の入ったプレートをとって、それをつまみにして、好物のミゴレン(マレーシアのソース焼きうどん)で締めることであった。今後、こうした利用ができなくなるのは残念である。これが一流ホテルとそれ以下を分ける尺度の一つであるのかもしれない。

 ルームサービスについてあまり考えることがなかったが意外と便利なものである、国内でも子供がもっと小さい頃は重宝させて頂いた。お台場や舞浜にあるハーバービューのお部屋で夜景を眺めらながら、簡単なフレンチのコースや中華料理を食べるのはとってもリラックスして楽しいものであった。

 最近、リゾートクラブのホテルばかり宿泊しているが、リゾートクラブのホテルでは、満足できるルームサービスを提供してくれるところはまだ見つかっていない。ルームサービスの場合、レストランやラウンジでサービスするのに比較して、人的リソースを費消することや部屋の汚れを考慮して、メニューは絞られても仕方ないが、リゾートクラブでも好きな時間にお部屋で気軽に飲食できれば大変便利である。何とか、知恵を絞って、採算の改善を図りながら、利用者に更なる便宜を提供してほしいと考えている。

« セラヴィリゾート泉郷の新スポンサー | トップページ | セラヴィリゾート泉郷会員のダイヤモンドソサエティ利用 »

リゾート」カテゴリの記事

リゾートクラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルームサービス:

« セラヴィリゾート泉郷の新スポンサー | トップページ | セラヴィリゾート泉郷会員のダイヤモンドソサエティ利用 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ