« エクシブ伊豆 | トップページ | ルームサービス »

セラヴィリゾート泉郷の新スポンサー

2

 セラヴィリゾート泉郷とセラヴィリゾート(以下、「泉郷等」という。)のスポンサーは、ダイヤモンドソサエティ(以下、「ダイヤモンド」という。)に決定した。詳細を報じていた福島放送のウェブサイトによると、7月末から一般入札で支援企業を公募。9月に行った候補上位6社による施設視察や交渉を経て、今月7日までに郵送による入札により、ダイヤモンドが選ばれたという。来年2月27日までに更生計画案を作成して、5月をめどに債権者集会を開き、7月から新経営陣に事業を引き継ぐという。

 両社のリゾートホテル観には大きな差異があるように思っていたので、正直いって意外であった。筆者の拙い表現では、施設に到着した際に感じる、「お久しぶり」for 泉郷等と「ただいま」 for ダイヤモンド との差である。泉郷等の場合、会員よりもむしろ非会員の利用の方が多いのではと思わせる程、一般に対して開かれたリゾートクラブであり、あまり会員制ということを意識することなしに、会員だと安く利用できるから行きつけになってしまったというものである。一方、ダイヤモンドの方は、会員の同伴で行っても筆者のように非会員の場合、価格メリットがあまりなく、実質的に会員利用比率が高いリゾートクラブである。

 リゾートクラブの課題である、平日閑散期の稼働率確保という面からは、泉郷等の戦略の方が優れているが、会員制の希薄化という副作用がある。一方、ダイヤモンドの場合、宿泊料の値上げ、一部施設での一泊二食制の導入等で凌いでいるが、長期的には会員の利用回数低下をもたらす可能性がある。どちらにしても一長一短があるのである。

 両社が経営統合した場合、こうした性質の違いをどう調整するかが極めて重要である。最悪のシナリオの場合、宿泊料の値上げ・一泊二食制の導入と一般顧客の積極的導入であるが、この場合、どちらのクラブからも会員が離散してしまうことになろう。また、どちらのクラブも、現時点において会員権の種類が多く、微妙に宿泊料金・利用方法が異なるため、統合の際、整理をつけないと、宿泊現場は混乱すると心配している。

 今回の決定に関しては、ひとまず、ダイヤモンドという泉郷等とあまり立地が重なず、特徴ある施設を持つスポンサーに決定してよかったと思う反面、新経営陣が経営統合のシナジーを求めてどのように泉郷等の施設と会員を扱っていくのかがわからない不安感がある。泉郷等の会員権は預託金制なので、共有制のダイヤモンドオーナーズと一歩距離をおいて、同じく預託金制のダイヤモンドメンバーズとの統合が想定されるが、料金設定、予約・利用方法がどう設定されるか、今のところは期待を持って見守ることしかできない状況である。

« エクシブ伊豆 | トップページ | ルームサービス »

セラヴィリゾート泉郷」カテゴリの記事

リゾートクラブ」カテゴリの記事

コメント

Chessmenさん、こんばんは。福島放送のHPに詳報があったとは、さすがに良く見つけられましたね!私はダイヤモンドの会員で、ほんとに偶然ですが、セラヴィの発表直前にダイヤモンドからここのスポンサーになったことを知らされて、まったく経緯もわからず、ただ驚いてました。なるほど6社で入札していたのですね、今月7日まで蓋を
開けてみないとわからない状況だったのですね、やっと今わかりました(謝)。ダイヤモンドは5月に滋賀のやっぽんぽんの湯の開業のあと、来年には安曇野温泉ホテルの増改築計画がありましたが、突然この話が消えたのも、思い返せば、セラヴィを取り込めばアンビエント安曇野が加わるから必要ないと、ひそかに計画を練っていたのでしょうね。現在は沖縄の恩納村に新施設を作る計画に変えてきました。手放したハワイの代りです。ところで、いつもながらですが、chessmenさんの今回もこのことに関する冷静な分析に脱帽です。ダイヤモンド会員としては、施設が増えて嬉しいような、なんか騒がしくなるような複雑な心境でした。私はダイヤモンドの閉鎖性に興味があって会員になりました。これまでも経営者は変わりましたが、閉鎖性はほとんど変わらず守られていましたので、満足していました。ただ、おっしゃる通り、施設が古くなり、会員が高齢化するなかでどこかで開放も止むなしとも思っていました。相次ぐ年会費や利用料の値上げだけでは吸収できないものがありますからね。
そこで、私としては全体を10点として、アンビエントなど優れた施設がクラブのラインナップに加わり楽しみが増えそうなことで6点の賛成票、ソサエティホテルなどの開放が進み閉鎖性が失われそうな心配に4点の反対票を投じたい気持ちです。
ご指摘の通りの様々な問題点がありますが、上手にクリアして会員数でRTに次ぐことになる巨大クラブの誕生を期待を込めて見守りたいと思っています。
(追加ですが、教えてもらった福島放送のHPで今日の記事でかって私が会員であって破たんした会津のゴルフクラブが再度の危機に陥っていることも知りました。リゾート関連の経営は非常に厳しい状況のようですね。)

ずきさんすさん、こんばんは。ご訪問ありがとうございます。ダイヤモンド内でもいろいろ検討された経緯があって興味深いですね。ダイヤモンドでは八ヶ岳と鎌倉別邸に宿泊したいと思っていたので、予約と料金次第ではありますが、今後に期待しています。

ずきさんすさんの仰られる閉鎖生のクラブは私も興味があります。ダイヤモンド、JTC、ザグランリゾート(旧ジャンボ)等ですね。ずきさんすさんは前の二つの会員であることは把握しているのですが、ジャンボの会員でもいらっしゃるのですか。

JTCは年会費が高く、休前日の宿泊料金が高いので、下田の施設は魅力的ですが、我家には敷居が高そうです。一方、ジャンボは年会費が5万円程度で手頃で、一泊二食の宿泊費が8,400円と安く、食事がおいしいと評判ですね。更に、関東圏の施設は休前日でもだいたい空きがあるように聞いています。

夫婦二人と幼稚園児一人(幼児ディナー3,150円)の我家だと、2万円でお泊りができるということになります。露店風呂がなくても、多少古くても、ガサガサしない環境であれば十分満足できます。関東地区には、熱海、伊豆、軽井沢が候補になりますが、最後に発生するであろう取壊費用を無視すれば、どこをホームとしても関東地区で利用する限り、あまり変わらないように思えますが、如何でしょうか。

もし、ずきさんすさんがジャンボのオーナーであればご教示くだされば幸いです。鎌倉あたりに遊びに行ったついでに葉山に宿泊することが、日常的にできそうで興味を持っています。

chessmenさん、レスありがとうございます。ジャンボはこれまで何度か私の会員権コレクションに
加えるべく真剣に(笑)検討課題となってきましたが、残念ながら(笑)、まだ収集箱に入っていません。伊豆のオーナーズホテルの前を通るたび
気になりますが(笑)、私は千葉県在住で、この
クラブの施設が関西に多く偏っているのが一番の
ネックになっています。昨年秋にも初規模ですが
新施設の「近江舞子」が誕生したり、今年からは
ロゴも新調、クラブの名前も変更してカッコよく
なってきているので、時々HPを眺めたりしていますが、やはり関西系ですでにダイヤモンドの会員
となっていることから、ここの追加はないのかなーと思っています。ジャンボの会員重視(閉鎖性)は、一番強そうですね。知人にオーナーズ会員がいますが、配布されるゲストチケットは平日利用のみで、休前日利用の私はこれをもし頂いても使えません。JTCCですら、利用料金は高くても
ゲストクーポンでほとんどいつでも利用できるので、お試し利用なら出来ますが、ジャンボには
手だてがないので、どこも利用したこともありません。(そうなると、ますます気になるのが私の
困った性格ですが、泣)そのせいか、知人を通してここの空室状況をネットで見せてもらったり
したところ、ホントにいつでも(例えば、正月に
直前でも)予約は取れるようです。老舗らしく全施設ロケーションはいいですね!また、食事は
大変美味しく、施設がそれぞれ小規模で古いものもあるということに目をつぶれば(伊豆はまあまあ?)、母体の確かさもありますし、評判も大変良いし、関東に施設が少なくて良くて(まあ、会員権のリセール価格からして、1つでも大変お気に入りの施設が見つかれば、それはそれでいいのかも知れませんが)宿泊代タダ同然ののほとんど食事代だけで利用できる
貴重な穴場会員権とも言えると思います。
(chessmenさんのことですから、すでに下見済
でしょうが、さすがに葉山は年数が経っていますよ。)老舗会員権の場合、新規入会者は、その
ほとんどが、すでに会員となっている人の友人
であることが多く、既会員の高齢化に伴い、ちょっと老人会の集会の場のような雰囲気があることがあります。私の場合、大変良心的なクラブですでに20年近い会員歴のTLC(東京レジャーライフ)
ですと、50代前半の私ですらもっとも若い会員
となっていて、若い人が来ていても、会員の子供
や孫!だったりして、それはそれで、普段着の
なごやかな雰囲気ですが、まだお若いchessmen
さんには、お勧めはできません。ジャンボがどうであるか、またこの先どうなるか予測はできませんが(今の状況、展開の仕方だと規約を緩めて、一般開放化に向かう可能性あり、と見ます)、様子をよく見極めてご検討いただければと思います。
なお、私はJTCでなく、軽井沢サロンや予定される
山中湖畔サロンも使えるJTCC(両サロン共通)会員ですが、年会費は50,400円です。おっしゃる通り平日の異常な安さに比べ、休前日は利用料が
高いので、問題となるでしょうね。

ずきさんすさん、こんばんは。

早速のレスありがとうございました。ずきさんすさんであれば、ジャンボもお持ちかなと考えていましたが、ずきさんすさんのジャンボへの評価とコレクション検討の過程を興味深く、読まさせて頂きました。

ロケーションは葉山を別にすれば、少なくても関東の施設は駅の近くだから、電車でぶらっと行くのもよさそうですし、RTやHVCのように休前日を気合いを入れて抑える必要もなく直前でも空きがあるのは嬉しいですね。更に宿泊料が安く、食事がおいしいなればと三拍子そろっています。豪華さやフルサービスを求めず、「いつでも使える保養所」としての価値は高いと思っています。

この運営会社の株式会社大倉は本年5月に東京本社を設立したり、ザグランリゾート(旧ジャンボクラブ)の割安会員権(流通業者での中古会員権の方が安いですが)の販売を行っています。更に、ザグランリゾートに改称するにあたって、「好評の会席料理はそのままに、ワインや洋食を始めます。」という意気込みが嬉しく感じられます。ずきさんすさんが仰られる通り、ジャンボとしての将来を考えた戦略的な動きが感じられて流石に老舗の会社だなと思った次第です。
http://www.granresort.jp/pdf/granresort.pdf

葉山は古いのは承知していますが、長者ヶ崎にあって、ここから見る日の入りは最高で、秋谷にかけて洒落たレストランが点在しているエリアです。葉山は食事付きホテルなので、連泊の場合に許される食事なしを選ぶのか、食事はオードブルとして軽くしか食べないことを選択する必要がありますが。

ずきさんすさんはJTCC会員だったのですね、山中湖が楽しみですね。また、年会費は50,400円ですね。勘違いしていました。ただ、空室状況によってJTC会員も軽井沢サロンを利用できるようだったりして、まるでどこかの会社とその節操のなさでは同様ですね。それだけ、この業界が苦しいという証拠というわけですね。

私は実はそんなに若くはないのですが、老舗クラブが老人会化しているのですね。ジャンボは休前日は確かに空きがありましたが、平日の方が逆に満室だったりするのもこれと関係していそうですね。

パウエルも興味がありますが、ウェブで会員以外でも予約ができますね。また、会社契約の福利厚生倶楽部と通じて、ウィスタリアンライフクラブ、メルヴェールクラブ、ダイワロイヤルメンバーズ やエメラルドグリーンも割安に利用できるのですが、各リゾートクラブの悩みがわかるような気がします。

chessmenさん、たびたびお邪魔します。

なるほど、「いつでも使える保養所」と言う観点
から考えると、ジャンボは十分すぎる以上の価値
を持つ会員権ですね。ジャンボの葉山の場所付近は知人宅があるので良く知っていますが、洒落た
ところですよね。三浦半島は、ちょっと前にHVC
が場所を物色したやに聞きましたが、実現はなさそうで、なかなか会員制ホテルの存在がうまく行かないところですねー。(マホロバマインズもダメだったし、秋谷のサイプレスも・・、葉山マリーナなんて久しく行っていませんが、もっと発展
しても良さそうですが、なぜ??)

ところで、会員であるJTCCとTLCについてちょっとレスさせていただきます。

JTCC軽井沢サロンですが、確かに最初のお約束
と言うか規約で、JTC会員でも使えない別クラブ
とのことでしたが、現状は、空室あれば利用できますね。ただ、利用料金は、JTCC会員が紹介する
ゲストクーポンを利用したのと全く同じの相当
高いものですので、JTC会員にお試し利用させているようなもので、とてもリピーターとして使えるような感じではありません。JTCC会員としても
特に問題と思えない範囲の運営です。山中湖畔サロンが出来て、JTCC会員が増えると、施設の規模
から考えても自動的に休前日などは空室が出なく
なり、利用は難しくなるでしょう。節操がないと
ころまでは到達してないと思ってます。1泊2食設定のみとか会員であっても高い週末などの料金の
こともありますが、予約はほぼいつでも大丈夫。

TLC(パウエル)ですが、おっしゃるとおり全く
一般予約が可能で、閉鎖性があるクラブとは言えません。ただ、部屋(数)に会員枠が設定されていること、基本的に会員の部屋と一般予約の部屋には質の差がある(伊東なら会員ルームは最上階
とその下の2フロア、箱根ならアネックスの良い部屋は会員用)、料金設定で会員なら超ハイシーズンを除き素泊まりや朝食付きだけもOK、原則として10日前までなら会員予約は断らないなど、徹底した会員重視です。そのせいか完全一般利用は
約25%程度、会員以外ではリゾネットやRCI経由の利用者が大半を占め、結構内輪的(家族的)雰囲気ですよ。居心地はいいです。まあ、新規入会者(年間100人程度?)のほとんどがリタイア組の
シニアであることが難点といえば難点。

いずれも、自分が会員であると言うことでちょっと宣伝しすぎでしたか(笑)。

あと、chessmenさんは会社の契約でいろんな施設が使えるのはいいですねー。メルヴェール強羅は
所有する別のクラブの提携施設として何度か利用しましたが、お気に入りの一つです。

ずきさんすさん、こんばんは。

どうぞ、JTCCやTLCの宣伝をお願いします。RTやHVCを別にすると、なかなか、いろいろなリゾートクラブの実態を探ることは困難で、会員の方から語ってもらうのが一番です。

JTCCについて「節操がない」といったのは取り消す必要がありそうですね。お試し宿泊プランというべきものなのですね。立地もいいし、伝統があってどこからも一目おかれる存在ですね。

TLCは温泉への相当なこだわりがあるとの評判ですね。会員への配慮がしっかりされていますね。箱根や塩原にはテニスコートもあっていいですね。

メルヴェール強羅はノーマークだったので、機会があれば訪れたいと思いました。ご紹介ありがとうございました。

やはり、どのクラブも捨てがたい魅力がありますね。ずきさんすさんのように財力があれば、コレクションさえすればいいのですが、庶民としては、限られた資源で、最適解を求める必要があります。逆に、このクラブ選択の構想を練る時のとっかえひっかえ的な作業が最もイメージが膨らみ、充実した時間であります。実際に購入してしまうとどうしても気に入らない点が出てきてしまいますから。

葉山にリゾートが定着しないのはアクセスの悪さと東京からの近さのせいなのかな。最寄駅の逗子からは遠いし、夏は渋滞が激しいですしね。また、東京に近すぎて、高い料金を払ってまで宿泊するニーズがないからかもしれません。私は人が去った頃の葉山が大好きなので、その頃であれば横横道路から逗葉新道でスイスイなのですが。やっぱり、真剣にザグランリゾート検討してみようかな。2万円ちょっとで、家族3人が楽しめるし、交通費も安いし。

chessmenさん ご無沙汰です。(^-^)

chessmenさんに教えてもらったVIALA箱根翡翠のデラックスルーム、泊って大変気に入ったら、前回も同タイプのスタンダードルームでした。
実は来月も同じデラックスルームの予約を入れています。
他のタイプのデラックスを知らずに ここばかりと言うのも変でしょうか?
スィートは相互では殆ど取れなくなりましね。
最初に泊っておいて良かったです(^o^)
今後もアドバイスなどありましたら、大歓迎です。

チャオジさん、お久し振りですね。

HP、拝見させてもらいました。本当に真上の部屋ですね。確か、バリア・フリーを特に意識した部屋だと思いますので、リクエストで使用しにくい部屋ですので、ラッキーですね。デラックスルームもそうですが、ベランダが広くて気分がいいですね。

私は、この週末に初めて、スィートに泊まる予定です。ホームでも休前日にスィートの予約は難しいですよ。

それから、アンビエント蓼科も行かれたのですね。女神湖の散歩道に行きたくなってしまいました。

スィート いいですね。
過去2回2タイプ泊りましたが、本当にのんびり出来ました。
正直言いますと、施設や室内の豪華さはエクシブのスーパースィート 特にサンクチュアリには及びませんが、温泉を含め快適性は勝るとも劣らない位、素晴らしいです。
私もVIALA箱根翡翠の大ファンです(^o^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セラヴィリゾート泉郷の新スポンサー:

« エクシブ伊豆 | トップページ | ルームサービス »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ