« リゾート会員権の考察 その3 | トップページ | ホテルアンビエント蓼科 08秋-2 »

ホテルアンビエント蓼科 08秋-1

 敬老の日の三連休を利用して、セラヴィリゾート泉郷のホテルアンビエント蓼科に2泊してきた。今回はリクエスト通り、アネックス2号棟の4階のグランドファミリールーム(定員5名、84㎡)である。窓側に広々としたリビングとダイニングがあり、大型冷蔵庫、電子レンジ、食器がそろっているコンドミニアムである。それに6畳の和室と独立したベッドルームがある。この部屋の良さは、知り合いの家に行くようでリラックスできることと、部屋の正面に女神湖、左手には美しい蓼科山が眺められることである。

2

Photo

 子供1名を含む3名の宿泊なので、泉郷ベストクラブ会員の場合、定員5名との差の2名分に付き、通常宿泊費(平日3,465円、休前日4,620円、消費税、サービス料10%込)の半額を払って利用できる。つまり、一人分の宿泊費の追加負担である。

 このホテルはアネックス1号棟にスーペリアファミリ-ルーム(定員4名、63㎡)もあり、3名で利用する場合は、0.5人分の宿泊費が必要になる。因みに、追加負担なしの場合は、同じくアネックス1号棟か2号棟にある、スーペリアツインルーム(定員2~3名、42㎡)にエクストラベッドを入れて利用し、2名の場合は、このスーペリアツインルームかホテル棟のスタンダードツインルーム(定員2名、32㎡)が用意される。

 現在、会社更生手続中のため、十分にお金が掛けられないためか、和室の敷布団が現在のスタンダードに比べて劣るとか、じゅうたんのシミ等が目立つが気になる点はあるが、立地の良さと従業員のホスピタリティによって補われている。

 セラヴィりゾート泉郷の施設の中で清里高原ホテルとともに筆者のお気に入りのホテルである。

« リゾート会員権の考察 その3 | トップページ | ホテルアンビエント蓼科 08秋-2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

リゾート」カテゴリの記事

セラヴィリゾート泉郷」カテゴリの記事

リゾートクラブ」カテゴリの記事

コメント

私も敬老の日を含む3連休に蓼科方面に出掛けており、宿泊の利用はしませんでしたが、セラヴィはどうなっているかと気になり、久しぶりに
アンビエント蓼科と清里高原ホテルを覗いてきたところでした。もしかしたらアンビエント蓼科付近でchessmenさんとニアミス!(笑)だったかも
知れません。いずれのホテルも苦しい中で大変好感の持てる状況であったと感じました。会社更生の最中ですがそろそろなんか動きがあってもよさそうですね。がんばってほしいです。ところで
10月からETC割引プランが再開され、小渕沢インターを使うと東京方面からのこの地域への交通費が大幅にお得になりますね。我が家ではさっそく
この割引を使っての旅行を計画中です。

ずきさんすさん こんばんは。

そうでしたか。蓼科でニアミスしていたかもしれませんね。このアンビエント蓼科はこの三連休は賑わっていました。

個人会員より法人契約や一般客の方が多いホテルであって、会員制ホテルという感じは一切ありませんが、豊富な自然が感じられるところにあって、食事が割安でスタッフの素朴なホスピタリティが感じられて好きな施設です。うまく再建できれば嬉しく思います。

週末に泉郷から更生手続きに至った経緯等、裁判所に提出した資料が郵送されてきました。そのなかで、会社の売上について、5、6月は前年実績を割り込んだが、7月は前年を上回り、8月も順調に推移していると書かれていました。他にもちょっと興味を覚えた事項があったので、近々話題として提供しようと思います。

ETCの割引プランいいですね。私の場合、練馬ICの方がアクセスがよいので蓼科には上信越道の佐久IC経由となってしまいます。清里には当然、中央道経由ですが、清里高原ホテルは11月までほぼ満室(11/8のみ△)のようなので断念せざるを得ないかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテルアンビエント蓼科 08秋-1:

« リゾート会員権の考察 その3 | トップページ | ホテルアンビエント蓼科 08秋-2 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ