« ホテルアンビエント蓼科 08秋-1 | トップページ | ホテルアンビエント蓼科 08秋-3 »

ホテルアンビエント蓼科 08秋-2

 このホテルには、2つのレストランがあり、和食が花いずみ、フレンチがル・プラトーである。後者は季節営業のフラワー・ガーデンテラスを併設していて、女神湖を眺めながら、喫茶、ランチ、ディナーを全天候型のオープンテラス席でとることができる。

Photo_2

 どちらのレストランも素材にこだわりを感じられ、税サ込で5,000円台でおいしい食事が楽しめる。また、スタッフのホスピタリティ(リゾートトラストの場合はきちんと教育されていて、誰からも均一なサービスを受けられるし、東急の場合は、顧客が望めばサービスするが、そうでなければいい意味での放っておいてくれる)はその気持ちが素直に感じられて嬉しい。 

 ただ、夕食時間については、休前日は2回転させるので、17時30分頃か20時頃のスタートになっていて、好きな時間に食べられない。これは、大体どこのリゾートクラブでもリーズナブルな価格設定のレストランでは同じようなものである。リゾートに来てまで、時間管理されているようで少し矛盾しているような気持ちになるが、箱根や伊東等以外では近くに代替施設がないため、夕食にはアルコールを欠かしたくない筆者としてはやむを得ない選択だとあきらめている。

 先月、セラヴィリゾート泉郷の浜名湖さざなみ館に宿泊した際に、泉郷トライアルクラブ(本年10月から期間1年間の短期会員)の募集チラシがあったが、ここ蓼科では見当たらず、会社更生手続との関連が大いに気にかかる点だ。ただ、このトライアルクラブはチケット制ではなく会員カードによる利用等、既に加入を打ち切った泉郷ベストクラブに近い会則であって、その後募集している(いた?)セラヴィリゾート泉郷のチケット制ではないことに興味を覚えた。

http://resortlife.izumigo.co.jp/itc/

« ホテルアンビエント蓼科 08秋-1 | トップページ | ホテルアンビエント蓼科 08秋-3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

リゾート」カテゴリの記事

セラヴィリゾート泉郷」カテゴリの記事

リゾートクラブ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホテルアンビエント蓼科 08秋-2:

« ホテルアンビエント蓼科 08秋-1 | トップページ | ホテルアンビエント蓼科 08秋-3 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ